放射線部

業務内容

放射線部は病院の検査の中で、画像診断に関する全ての検査を担当する部署です。
検査のほとんどはX線を利用しますが、高磁場を利用したMRI検査や超音波検査など、放射線を利用しない画像診断に関しても放射線部で行います。

特色

現在、8名の診療放射線技師によって業務を行っています。 当院では緊急検査に適切に対応できるように、それぞれの技師がX線撮影、CT検査、MRI検査、超音波検査など幅広く行えるよう日々訓練を重ねるとともに、主治医や放射線科医師とのコミュニケーションを十分にとりながら、患者様に適切な画像情報を提供するよう心掛けています。
また、放射線量管理システムを導入し、安心安全に検査を受けて頂けるよう医療被ばくの低減に努めています。

学会発表

演題名 学会名 発表年
「心エコー検査における胸水チェックの有用性 第19回大分県超音波画像研究会 2010
「小児急性腹症に対するUS検査の意義について〜West症候群の小児胃潰瘍の1例から〜」 第6回九州放射線医療技術学術大会 2011
「鑑別が困難であった大腸がんの1例」 第24回大分県超音波画像研究会 2012
「皮膚科における超音波検査の有用性と当院の現状」 第25回大分県超音波画像研究会 2012
「US検査にて指摘された血尿を伴わないナットクラッカー現象に対する考察」 第11回九州放射線医療技術学術大会 2016
「前距腓靭帯損傷に対する超音波検査の取組みと有用性」 第11回九州放射線医療技術学術大会 2016
「褥瘡エコーへの取組みとチーム医療への貢献」 第11回九州放射線医療技術学術大会 2016
「超音波プローブのスライス方向分解能向上を目的に考案した音響レンズ狭開口法の基礎評価」 第13回九州放射線医療技術学術大会 2018

論文発表

演題名 学会名 発表年 発表者
「大分県下の医療施設における放射線技術部門の安全管理に関するアンケート調査 〜第1報個人情報の安全管理体制に関する調査〜」 日本放射線技師会雑誌 第54巻 第11号 2007 江藤芳浩
「大分県下の医療施設における放射線技術部門の安全管理に関するアンケート調査 〜第2報ハイリスクインシデントへの取り組みに関する調査〜」 日本放射線技師会雑誌 第54巻 第12号 2007 江藤芳浩
「US及びCT画像診断にてアメーバ性肝膿瘍を疑った1症例」 日本放射線技師会雑誌 第57巻 第4号 2010 江藤芳浩
「超音波プローブのスライス方向分解能向上を目的に考案した音響レンズ狭開口法の基礎評価」 日本放射線技術学会雑誌 Vol.76 No10 2018 江藤芳浩
「超音波プローブ狭開口法を用いた小指伸筋腱描出の検討」 日本超音波医学会雑誌 Vol.46 No4 2019 江藤芳浩

診療案内
Hospital Information
来院される皆さまへ
受診のご案内
健康診断をご希望の方へ
診療担当表
休診予定表
交通案内
西田病院 大分県佐伯市鶴岡西町2-266 電話0972-22-0180
診療受付時間
看護部
求人情報
西田病院公式ブログ
お見舞いメール
部門紹介
医療安全管理室
地域活動
広報誌にしだだより
地域医療連携室